産業廃棄物・粗大ごみの収集運搬・処理のことなら晴栄運送有限会社にお任せください。お部屋やオフィスの片付け・不用品回収等も行います。

産業廃棄物 収集運搬 処理・処分 専門 晴栄運送

〒123-0851 東京都足立区梅田4-22-11
 (回収エリア:東京・埼玉千葉神奈川・茨木・群馬・栃木)
お持ち込みのお客様へ。 処分場は下記の住所になります。
〒340-0811 埼玉県八潮市二丁目1088-1

 

営業時間:月〜土 8:00〜17:30
受入時間:月〜土 8:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日

どんなことでも、お気軽にご相談を

0120-42-5383

石綿含有産業廃棄物<非飛散性アスベスト>処分いたします

非飛散性アスベスト(石綿含有産業廃棄物)を収集運搬して最終処分場へ持ち込み処理をいたします。

  • アスベスト(石綿)の含有廃棄物の処分をする場合は、石綿含有産業廃棄物の収集運搬許可業者での委託運搬。または、最終処分場への直接持ち込み処理する事以外は法令にて禁止されております。
     
  • 弊社では、廃石綿レベル3<非飛散性アスベスト:石綿含有産業廃棄物>の処分取扱いをしております。
    アスベスト(石綿)の分類は、廃棄物処理法【環境省】・大気汚染防止法【環境省】・建築基準法【国土交通省】の各法令において、飛散性アスベストは、『レベル1』・『レベル2』の特別管理産業廃棄物非飛散性アスベストは、『レベル3』の産業廃棄物に分類されています。
    ※弊社では、特別管理産業廃棄物の収集運搬及び処分の取扱いはしていません。
    <参考資料>【環境省】石綿含有廃棄物処理マニュアル
    【国土交通省】現場におけるアスベスト建材の識別資料
     
  • 弊社の収集運搬許可範囲(廃石綿:レベル3の産業廃棄物が回収可能な地域)
    東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・群馬県、1都5県からの収集運搬許可を取得しております。
     
  • お客様(排出事業者)から石綿含有産業廃棄物を排出する際の注意事項
    • 他の産業廃棄物と分別してフレコンバック等に密封(飛散防止処理)
      →弊社の収集運搬車にて回収して最終処分場へ持込処分となります。
    • 石綿含有産業廃棄物の弊社工場(中間処理施設)への持込み・受入れは不可です。

      ※弊社工場(中間処理施設)への廃石綿・石綿含有産業廃棄物のお持込みや受け入れは不可。他の廃棄物に石綿含有産業廃棄物が、混合していた場合も受入不可となります。

非飛散性アスベストの処分に関しまして、ご不明な点やご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・ご相談はこちら

担当:関口 (せきぐち)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-42-5383

営業時間:月〜土 8:00〜17:30
定休日:日曜日・祝日

※廃棄物持込時間は8:00~17:00となります。

産業廃棄物 (産廃)・粗大ごみの収集運搬・処理を、東京都・埼玉県を中心に行っております。産業廃棄物 (産廃)・粗大ごみ・遺品回収・お部屋の片付け・不用品の回収は、小量~大量まで、引越し・事務所移転時に発生する什器及び粗大ゴミ等を自社で収集運搬・処理し、リサイクル可能な物は分別後リサイクルし、資源に戻るように循環型処理を心がけております。

無料相談・お問合せ

0120-42-5383

営業時間:8:00〜17:30
受入時間:8:00〜17:00
定休日:日曜日・祝日

お問合せフォームはこちら

office家具の回収・買取

オフィス家具の買取やオフィスの移転や事務所の閉鎖に伴う不用品回収・片付け・買取、不動産屋様・店舗オーナー様などにご依頼を多数承っております。

法人様・業者様など
大量の方はこちらへ

代表・スタッフ紹介

代表取締役

廃棄物のお問合せは
是非弊社までご連絡ください

お見積もりに私関口が お伺いいたします

お部屋の片付け・不用品の
回収・処分の事ならお任せください

会社概要

晴栄運送有限会社

0120-42-5383

03-3889-5383

03-3889-5429

info@5383.co.jp

〒123-0851
東京都足立区梅田4-22-11

会社概要はこちら

アクセスはこちら

動脈輸送から
静脈輸送まで

各種クレジットカード対応

各官庁入札資格取得済み

東京都23区及び各官庁並び
埼玉県の入札参加資格取得済み企業です。

エコアクション21

埼玉県八潮市で、産業廃棄物収集運搬業・処理・処分・廃棄物管理を行っております。
お客様によるお持ち込みも歓迎しております。
廃棄物のことでお困りの方は
是非お問合せ下さい。

fun to share
を宣言しています

『環境経営で、低炭素社会へ!』を宣言し、
『Fun to share宣言』を賛同しています。